令和4年度(令和3年分)給与支払報告書の提出について

提出期限

給与支払報告書の提出期限は、給与の支払いがあった年の翌年の1月31日です。

(注意)1月31日が土曜日、日曜日の場合は、2月第1月曜日が提出期限となります。

令和3年中に給与を支払われた方は、給与支払報告書を令和4年1月31日(月曜日)までに、納税義務者(従業員等)の令和4年1月1日時点の住所地の市区町村に提出してください。

給与支払報告書は、個人住民税の課税を行うための重要な書類です。正しく記入のうえ、期限内に必ず提出してください。

提出対象者

令和3年中に給与等の支払いをした従業員等(パート、アルバイト、法人役員等を含む)です。

対象者のうち、令和4年1月1日時点で在職する従業員については、給与の支払額の多少に関わらず提出が必要です。また、令和3年中の退職者についても、給与支払額の総額が30万円を超える場合は提出しなければなりません。

青色事業専従者への給与(確定申告をしている場合を含む)に該当する場合や、源泉徴収税がかからない場合であっても、提出が必要となります。

提出先

給与支払報告書の提出先は、給与の支払いがあった年の翌年の1月1日時点の納税義務者(従業員等)の住所地の市区町村です。

提出先
住所地が精華町の方 精華町役場 税務課に郵送または持参にて提出
住所地が精華町以外の方 各市区町村に提出
年の途中で退職された方 退職時点の居住地の市区町村に提出

 

提出方法

給与支払報告書を提出する際は、提出する市区町村ごとに総括表を作成して提出してください。

なお、精華町では、前年に給与支払報告書の提出があった事業所に対し、毎年11月中旬から12月上旬に事業所指定番号(精華町で採番している番号のことを言い、5から始まる7桁の番号になります。)が入った総括表を送付しますので、精華町に提出する場合は、送付された総括表または独自様式の総括表を提出してください。

個人住民税を普通徴収により納める納税義務者(従業員等)がいる場合、給与支払報告書(個人別明細書)の摘要欄に普通徴収への切替理由を記入し、「個人住民税の普通徴収への切替理由書(兼仕切紙)」も併せて提出してください。

また、給与支払報告書は、電子申告(eLTAX)を利用し、提出することもできます。詳しくはこちらをご覧ください。

給与支払報告書提出後の変更について

提出いただいた給与支払報告書(個人別明細書)の内容に誤りがあった場合は、給与支払報告書(個人別明細書)の摘要欄に朱字で「訂正分」と記載したうえで、再提出してください。(差し替え等は行っておりませんので、誤りがある場合は必ず訂正後のものを提出してください。)

また、再提出される際は、給与支払報告書(総括表)についても、訂正分の提出に係る総括表である旨を記載のうえ、併せて再提出してください。

なお、給与支払報告書記載の内容ではなく、徴収区分のみの訂正の場合は、給与支払報告書の再提出ではなく、以下の届出書を提出してください。

  • 特別徴収から普通徴収への訂正:給与支払報告に係る給与所得者異動届出書
  • 普通徴収から特別徴収への訂正:町民税・府民税 特別徴収への切替届出書

(注意)令和4年度の届出書の様式については、国様式または精華町様式をご利用ください。なお、精華町様式については、令和4年2月頃に掲載予定です。

この記事に関するお問い合わせ先

住民部 税務課 住民税係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1916
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年11月17日