マイナンバーQ&A

マイナンバーカードQ&A

Q1.通知カードとマイナンバーカードとはどう違うのですか?

  通知カード(氏名・住所等記載の内容が最新のもの)は、マイナンバーを知らせる書類で身分証明書にはなりません。本人確認書類(運転免許証など)を一緒に提示することではじめて、本人のマイナンバーと認められるカードです。
  マイナンバーカードは、1点で身分証明書にもマイナンバーの証明にもなるカードです。

通知カード

通知カード

マイナンバーカード

マイナンバーカード

Q2. マイナンバーカードには有効期限はありますか?

  あります。20歳以上は10回目の誕生日、20歳未満は5回目の誕生日です。外国人住民は、在留資格や在留期間によって異なります。

Q3.マイナンバーカードの受け取りは本人しかできませんか?

  原則として本人しか認められません。平日お仕事で受け取りが難しい方は毎月1度日曜日に受け取り専用窓口を行っておりますので、事前予約をご利用ください。  

マイナちゃん画像
マイナちゃん画像

Q4.マイナンバーはどんなときに必要ですか?

   マイナンバー(個人番号)は社会保障・税・災害対策の分野に使われます。   国の行政機関や地方公共団体、健康保険組合、勤務先、金融機関 などでマイナンバーを取り扱う事務には、提示が義務付けられています。 ≪具体例≫  ・年末調整や源泉徴収票の作成、雇用保険の手続きで勤務先へ  ・雇用保険の失業給付の手続きでハローワークへ  ・資産運用の手続で銀行や証券会社へ  ・税の申告などの時に税務署や市区町村へ  ・災害時の支援制度の利用申請時に市区町村へ    

Q5.マイナンバーカードを作ってできることは何ですか?

   マイナンバーを使う手続きには、成りすましを防ぐためにマイナンバー(12桁の数字)と併せて本人確認を行います。   マイナンバーカードは、「マイナンバー」と「本人確認」の両方が1枚のカードで確認できます。   また、コンビニ交付サービス(注釈:1)やe-Tax(注釈:2)、マイナポータルのログイン等に利用することができます。発行手数料は無料(紛失等による再発行は有料)です。
注釈:1 役場やコンビニに設置しているマルチコピー機で戸籍や住民票等の各種証明書を交付するサービスです。 
注釈:2確定申告などの国税に関する各種手続についてインターネットを利用して電子的に手続ができるシステムです。  

Q6.確定申告でマイナンバーが必要なのですが、急いで知るにはどうしたらいいですか。

   平成27年10月から11月ごろにマイナンバーの通知カードを各世帯へ送付しております(令和2年5月25日以降は個人番号通知書) 。ご自宅で見当たらない場合、お急ぎの方は窓口でマイナンバー記載の住民票(発行手数料300円) を請求してください。(マイナンバーカードの交付申請される場合は、発行に1か月ほどかかります。)

この記事に関するお問い合わせ先

住民部 総合窓口課 戸籍住民係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1915
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年05月25日