マイナンバーカードについて

マイナンバーカードとは

  マイナンバーカードは、ICチップ付きカードで表面に氏名、住所、生年月日、性別と本人の顔写真、裏面に個人番号(マイナンバー)が表示されます。

  本人確認のための身分証明書として利用できるほか、自治体サービス、e-Taxの電子証明書を利用した電子申請等、様々なサービスにもご利用いただけます。個人番号カードは発行してから10回目の誕生日、電子証明書は5回目の誕生日まで利用できます。 マイナンバーカードの発行手数料は無料です(紛失等の再交付は、手数料が発生します)。

マイナンバーカード表面

マイナンバーカード(表面)

マイナンバーカード裏面

マイナンバーカード(裏面)

マイナンバーカードでできること

個人番号を証明する書類として

  マイナンバー(個人番号)の提示が必要な様々な場面で、マイナンバーを証明する書類として利用できます。

本人確認の際の公的な身分証明書

  マイナンバーの提示と本人確認が同時に必要な場面では、これ1枚で済む唯一のカードです。金融機関における口座開設・パスポートの新規発給など、様々な場面で活用できます。

各種行政手続きのオンライン申請

  マイナポータルへのログインをはじめ、各種の行政手続きのオンライン申請に利用できます。

コンビニなどで各種証明書を取得

  全国の主要なコンビニで住民票、印鑑登録証明書などの公的な証明書を取得できます。

マイナンバーカードの申請方法について(希望される方のみ)

  個人番号カード交付申請書により申請すると、マイナンバーカードの交付を受けることができます。申請方法については以下のとおりです。

郵送による申請

マイナンバーカードの交付申請書にご本人の顔写真を貼り、返信用封筒に入れて郵便ポストへ
 

スマートフォンによる申請

スマートフォンで顔写真を撮影し、所定のフォームからオンラインで申請
 

パソコンによる申請

デジタルカメラで顔写真を撮影し、所定のフォームからオンラインで申請
 

まちなかの写真機からの申請

申請書を持参して、申請可能な証明用写真機で顔写真を撮影して申請

注意:まちなかの証明用写真機は申請できるものとできないものがあります。

顔写真について

  • サイズ(縦4.5センチメートル×横3.5センチメートル)
  • 最近6か月以内に撮影
  • 正面、無帽、無背景のもの
  • 裏面に、氏名、生年月日を記入してください
悪い顔写真の例

以下のような写真はお使いいただけません

  • 顔が横向きのもの。
  • 無背景でないもの。
  • 正常時の顔貌と著しく異なるもの。
  • 背景に影のあるもの。
  • ピンボケや手振れにより不鮮明なもの。
  • 帽子、サングラスをかけ人物を特定できないもの。

交付申請書の送付について

  マイナンバーカード交付申請書は、通知カードまたは個人番号通知書同封の返信用封筒に入れてポストに投函してください。 初回送付している封筒の差出期限は平成29年10月までとなっていますが、期限経過後も使用していただけます。 封筒をすでに使用、または紛失している場合は下の様式をダウンロードして使用してください。

送付用封筒ダウンロード

申請書送付用封筒 (サイズ:376.00KB)申請書送付用封筒を使ってカード発行元へ送付してください。

電子証明とは

署名用の電子証明書

インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します。 電子申請(e-Tax等) ・民間オンライン取引(オンラインバンキング等)の登録など 「作成・送信した電子文書が、あなたが作成した真正なものであり、あなたが送信したものであること」を証明することができます。

利用者証明用の電子証明書

インターネットサイトやコンビニ等の端末などにログインをする際に利用します。 「ログイン等した者が、あなたであること」を証明することができます。

よくあるご質問

Q1.マイナンバーカードは必ず申請しないといけないものですか。
マイナンバーカードの申請は任意です。コンビニで住民票等が取得できる行政サービスなどにも利用できるので、申請していただくことをおすすめします。

Q2.子どもでもマイナンバーカードの申請はできますか。
15歳未満および成年被後見人の方は法定代理人により、申請していただく必要があります。また特別な理由がある場合は、市区町村長が認める任意代理人により申請が可能となります。

Q3.マイナンバーカード交付申請時に顔写真の貼付は必須ですか。
マイナンバーカードの申請時には顔写真の添付が必要です。使用する顔写真は直近6ヶ月以内に撮影した、正面、無帽、無背景のものに限られます。

Q4.住民基本台帳カードを持っているのですが、継続して使えるのですか。
住民基本台帳カードは、カードの有効期限内であれば利用可能です。ただし、マイナンバーカードが交付される際に住民基本台帳カードは返納となります。

Q5.マイナンバーカードの記載内容に変更があったときは、どうすればよいですか。
引越しなど、券面に記載されている情報が変更になった場合、市区町村役場にて、マイナンバーカードの記載内容を変更してもらわなければなりません。

Q6.マイナンバーカードの交付申請書はどのように受け取ったらいいですか。
マイナンバーカードの交付申請書は、通知カードまたは個人番号通知書と一緒に郵送されています。申請書の内容に変更があった場合はお住まいの市区町村役場で発行できます。

マイナンバー問い合わせ先

《マイナンバー制度全般・通知カードや個人番号カードのご相談はこちら》
マイナンバー総合フリーダイヤル
日本語 0120-95-0178 (無料)
外国語 0120-0178-26 (無料)

平日9時30分から22時
土日祝日(年末年始を除く) 9時30分から17時30分

注釈:マイナンバー制度に関することでIP電話等でつながらない場合は 050-3816-9405(有料) におかけください。 また、通知カードやマイナンバーカードに関することでIP電話等でつながらない場合は 050-3818-1250(有料) におかけください。

この記事に関するお問い合わせ先

住民部 総合窓口課 戸籍住民係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1915
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年05月25日